せどり初心者を無料サポート!? 挫折しないで・・稼げるように・・まじめな心で!

初心者から抜け出せた時、ようやく稼げるようになる、それがせどり!でもそこまでには数え切れない壁がある!なんと66歳からせどりをはじめ、頭も動かない、呑み込めない、すぐ忘れる、それでも乗り越え成功した「としとし」が、初心者を挫折させないため、失敗例もどんどんぶちまけ、引っ張りあげる!!無料で!!!しかもまじめに!!!

*

はじめての確定申告・・・・2.経費編

   


確定申告の売上申告が

出来上がったら次は

経費のまとめが必要だ!!

 

その前にいつもの

ブログランクへのご支援のポチをお願いしますね!!よろしく!!

人気ブログランキング

 

 

確定申告・・・2.経費編

稼いだお金がいくらだったかまとめたら

そのお金を稼ぐのに

必要な経費は何だったのかを

明らかにするのが言うまでもなく経費編じゃ!!

 

■但し、ひとことで経費といっても、実に多岐に渡る!!

ひとまず羅列してみる・・・

また下記の太字の個所は仕訳用の題目だから

そのつもりで見てね!!(どういう項目別に仕訳整理するかの題目)

 

①まず経費の筆頭は当然・・・仕入代!!

これは言うまでもなく、普通100%が経費となる。

(経費は、すべてが100%認めてもらえる訳ではない)。

家賃や水道光熱費など、個人で使った分と事業で使った分等

按分で計上するものも多い!!

 

消耗品費・・・せどり上絶対に必要になる備品類で、多くは100%経費になるもの

プチプチ代・ガムテープ・セロテープ・コピー用紙・ダンボール代・ビニールテープ・のり・opp用紙・セロテープ台・カッターナイフ&同刃・はがし液・はがし用ナイフ・ボールペン・サインペン・クリップ・各種ファイル・クリアーファイル・商品ラベル用プリント用紙・プリンター用インク・ホッチキス及び針・ほか

③店舗仕入れだと車両関連費として・・まずガソリン代・車検代・車の修理代・車庫代

荷造り運賃・・・FBA納品用の宅急便や顧客への宅急便など

研究費として・・・教材購入代・塾やスクール加盟金・セミナーや講習参加費等

通信費として・・・ネット代・電話代・スマホ購入代・スマホ使用料金・ドメイン購入代・ワードプレス使用代、等

⑦自宅を事務所として使うため・・・地代家賃として。マンションの管理費や修繕積立費やローンの一部按分計上

⑧あわせて、水道光熱費を按分で経費計上

雑費・・・昼食代・衣服代等

書籍代・・・確定申告の本など

損害保険料・・・地震保険等

⑫ほかに、広告宣伝費

 

⑬これ以外に減価償却費として数年計上が可能なものがある

・新車を購入し、4年以内のもの

・パソコンを新品で購入し、10万円以上したもの、等

ただしとしとしの場合は、パソコンも、車も中古だったので、減価償却はなかった。

 

⑭開業のために掛かった費用は、3年間按分計上が可能。

 

 

どうまとめたか??

経費8月まで

 

 

 

 

 

日々の数値をエクセルで別にまとめた上で

上記のように年間分をまとめた。

差しさわりがあると困るので、上記には開業日までの分だけを公開した。

実際には12月までの一年分をつくり、

結局は税務申告の会場で合算して年間数値を導き出した。

 

 

 

次に経費の按分案を簡単な理由とともにまとめたが・・・

文章化してなくても大丈夫そうだった。

一応按分率を公開する・・・

●100%経費・・・仕入代・宅急便代・消耗品費・研修等研究費・接待交際費・ブログ用ドメイン代・仕事用バッグ・仕事時昼食代・仕事用書籍代

●80%経費・・・コピー用紙代

●70%経費・・・ガソリン代

●50%経費・・・車の定期点検・修理・車庫代・自動車保険・地震保険・ネット代・電話代

●35%経費・・・電気代

●25%経費・・・地代家賃・水道代・ガス代・車検代

 

按分はどうすればいいのか、事前に弥生会計に聞いたら

案をつくらず、税務署で聞くようにとのことだったが

確定申告の会場で

税務署関連の「青色申告会の人」と面談して聞いたら

案をつくっておいて良さそうだったので

その場でみせながら確定させて行った。

 

なお、按分率は

主張があればちゃんと主張して大丈夫ですよとのことだった!!

(まだよくはつかみ切れないが・・・)。

 

続いて所得に対し、経費だけではなく、「控除の問題がある」

●控除(税金を免除してもらえるもの)の項目は・・

・まず今回の青色申告の10万円控除(白色には無い)

・社会保険(国民年金・介護保険等)の控除

・誰でももらえる基礎控除

・年金生活なので、年金分の控除

・生命保険の控除

・地震保険料の控除

・年間医療費が10万円を越えた場合の控除

・配偶者がいれば、配偶者特別控除

・その他いくつかあり・・

 

そして、個人の所得(としとしの場合は年金+事業所得)から

経費と控除を引いて

税金額が算出される。

 

としとしはむしろ若干戻ってくることになった!!!

 

 

ところで

横浜の管轄の税務署主催の確定申告の会場の様子はこんな感じだった!!!

●最後は、e-taxをその場で立ったまま打つのだが、サポートの女性がついてくれて・・・。

・ますは、混むことを予想して朝一番に近く行ったが、結局並んでいて

1時間近く待たされた。まったく初めてで恐る恐る会場に着いて

・まったく初めてで恐る恐るだったので

いきなりe-taxの会場ではまるでわからないので

初心者用の「青色申告会の相談員」がいるコーナーに並び

個別面談をしてもらい

e-taxの前に、まとめておくべき数値のまとめを手伝ってもらった。

 

●そしてその後e-taxの打ち込みコーナーに並んだ。

・そして、2人の申告者に対して一人のパソコン入力カバーの専門家

がついて、先ほどまとめた書類を見せ

パソコンのe-taxに向かって、言われるままに入力し

立ったままe-taxへの入力が終った!!!

 

 

●その後、入力したものを印刷=プリントアウトするコーナーに並び、

プリントアウトを受け取り

さらに、提出コーナーにならび、

自分で持ち帰る分と提出分を分けてもらって提出。

・自分の持ち帰り分には今回の提出内容はもちろん

来年移行のe-taxの入力に必要な重要な

「利用者識別番号」を受け取り

会場を後にしたのだった。

 

結局は、半日仕事だった!!!

ほんと疲れた・・・

 

 

でも予想以上に親切で丁寧な会場で

助かった!!

そして

やっと安堵したのだった!!!

 

 


 - せどり初心者向け